2017.7.17 07:35(1/3ページ)

C大阪はJ1首位の力を見せられるか 世界の強豪セビリア戦は“4年ぶり”の腕試し

C大阪はJ1首位の力を見せられるか 世界の強豪セビリア戦は“4年ぶり”の腕試し

C大阪はJ1首位の力を見せられるか 世界の強豪セビリア戦は“4年ぶり”の腕試し

C大阪はJ1首位の力を見せられるか 世界の強豪セビリア戦は“4年ぶり”の腕試し【拡大】

 Jリーグがサマーブレイク期間に入った7月17日。J1リーグで首位に立つセレッソ大阪が、ラ・リーガの強豪、セビリアをホームのヤンマースタジアム長居に迎える『StubHub ワールドマッチ2017』が開催される。

 現在、セレッソは公式戦13試合負けなしと快進撃を続けている。直近の公式戦となった天皇杯3回戦・アルビレックス新潟戦でも、第18節の柏レイソル戦から先発9人を入れ替えて臨んだなか、2度のビハインドを跳ね返しての逆転勝利。リーグ戦では控えに甘んじているリカルド・サントスや木本恭生にゴラッソが生まれるなど、チームの一体感を感じさせる見事な勝利を掴んだ。

 そういった上り調子のなかで迎えるのが、今回の『StubHubワールドマッチ2017』、セビリアとの一戦となる。親善試合ではあるが、こと試合に関してセレッソの選手たちに友好ムードは微塵もない。現在、リーグ戦のチーム得点王でもある杉本健勇は、「こういう相手とできるチャンスは滅多にない。ただのフレンドリーマッチにするのではなく、意味のある試合にしたい。個人としても、チームとしても、チャレンジしたい。Jリーグと同様、サポーターの皆さんも楽しみにしてくれていると思うし、やるからには勝つ」と真剣な表情で試合に向けた意気込みを話した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. C大阪はJ1首位の力を見せられるか 世界の強豪セビリア戦は“4年ぶり”の腕試し