2017.7.16 19:45(1/5ページ)

世界最高峰、ラ・リーガとJリーグの新たな取り組みとは?

世界最高峰、ラ・リーガとJリーグの新たな取り組みとは?

世界最高峰、ラ・リーガとJリーグの新たな取り組みとは?

世界最高峰、ラ・リーガとJリーグの新たな取り組みとは?【拡大】

 世界最高峰のプロリーグの一つであるスペインのラ・リーガが、Jリーグとの戦略的連携協定を結んだ。Jリーグの村井満チェアマンが「登録選手の6割ぐらいが下部組織・カンテラーノ出身。これは日本が大変学ばなければいけないところ」と語るように、Jリーグにとって育成面や経営面で、世界的ビッグクラブと地方の少クラブが同居するラ・リーガから学ぶことは多いだろう。

 一方、世界最高峰のリーグであるラ・リーガは、どんな目的意識を持ってJリーグとの協定を結んだのか。ラ・リーガは極東に位置するJリーグをどのように見ているのか。協定締結のために来日したハビエル・テバス会長を、“今、スペインで最も熱い日本人”である『Goal Japan』編集長の大川佑が直撃した。

 ■Jリーグは重要なパートナー

 --今回、ラ・リーガはJリーグと戦略的連携協定を結びました。ラ・リーガにとっては、初めてアジア地域のリーグと提携することになり、Jリーグにとっても初めてヨーロッパ地域のリーグと取り組んでいくことになるそうですね。まずは、Jリーグとの提携について具体的な取り組み内容を教えてください。 

 具体的に考えていることは四点ほどあります。一つ目は日本とスペインの両国でクラブ同士の交流試合を行うことです。今回はセビリアが来日しますが、スペインのチームが日本に来るだけではなく、日本のチームもスペインに呼びたいと思っています。

 二つ目に若い世代の交流も考えています。教育や育成、あとは指導者の育成においてもノウハウを共有していきたいと思っています。三つ目はインテグリティ(誠実、真摯、高潔さ)です。Jリーグには試合中の透明さを求めていくインデグリティがあります。そういった面でも、Jリーグが我々の参考になる面はありますね。最後にクラブと組織の部分です。お互いのリーグ同士の運営方法を意見交換していきたいと思っています。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 世界最高峰、ラ・リーガとJリーグの新たな取り組みとは?