2017.7.14 21:05(1/6ページ)

韓国サッカー界で尊敬を集める鹿島クォン・スンテが常に笑顔を絶やさない理由

韓国サッカー界で尊敬を集める鹿島クォン・スンテが常に笑顔を絶やさない理由

韓国サッカー界で尊敬を集める鹿島クォン・スンテが常に笑顔を絶やさない理由

韓国サッカー界で尊敬を集める鹿島クォン・スンテが常に笑顔を絶やさない理由【拡大】

 韓国Kリーグの全北現代でプロキャリアをスタートさせ、当時は弱小チームだった全北をリーグ制覇、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)王者にまで導いたクォン・スンテ。韓国代表GKとしても大きな尊敬を集める彼は、2017シーズンにJリーグでの挑戦を決意し、常勝・鹿島アントラーズへの加入を果たした。彼がサッカーを始めたきっかけ、プロサッカー選手としての処世術、そして常に慈しみの心を備えて周囲と接することになった理由とは? ”微笑みのGK”誕生の秘密を本人に語ってもらった。(取材日:2017年6月27日)

GKを始めることになったきっかけ

 --クォン・スンテ選手は2006年から全北現代でプロ生活を始めました。

 「06年当時、全北現代は『勝点自動販売機』と呼ばれるくらい弱いチームでした。また、私は全北以外にもいくつかのクラブからオファーを受けていたのですが、なぜかはわかりませんが、このチームでプレーすることに心が動き、全北でキャリアをスタートさせることにしました」

 --サッカーを始めたのは何歳からでしたか?

 「ちゃんと始めたのは中学1年生のときです。ただ、小学校1年生の頃からサッカーが好きだったので、親の知らないところで隠れてプレーしていました。当時はピアノの習い事などもしていて、いまはこういう見た目ですが、小さい頃はピアノが弾けたんです(笑)」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 韓国サッカー界で尊敬を集める鹿島クォン・スンテが常に笑顔を絶やさない理由