2017.6.30 05:00

【絆トーク】大荒れ済州戦後のミシャ監督の“神対応”…相手監督に言葉は響いただろうか

【絆トーク】

大荒れ済州戦後のミシャ監督の“神対応”…相手監督に言葉は響いただろうか

 5月31日のアジア・チャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦の第2戦(埼玉)で、済州(韓国)の選手たちが、浦和の選手に乱闘騒ぎを起こした。アジア・サッカー連盟は済州の選手に出場停止などの処分を下した。

 そんな中、試合直後の会見で、浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督(59)が“神対応”。「済州の選手は若い選手が多いと思うが、悔しさの中で感情的になることは十分に理解できる。私としては、試合後にしこりが残ることは好きではない。親善試合でもやることで、お互いがいい関係を築けたらと思う」。浦和にも非がある…を繰り返す済州の監督に、この言葉は響いたのだろうか。 (サッカー担当・宇賀神隆)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【絆トーク】大荒れ済州戦後のミシャ監督の“神対応”…相手監督に言葉は響いただろうか