2017.6.29 14:48

【夢の舞台~ホンダカップ~(4)】階段を一歩ずつ 世界一目指す 福井丸岡RUCKの田中悦博監督

【夢の舞台~ホンダカップ~(4)】

階段を一歩ずつ 世界一目指す 福井丸岡RUCKの田中悦博監督

福井丸岡RUCK 田中悦博監督

福井丸岡RUCK 田中悦博監督【拡大】

 今年で10年目を迎えた国内最大級のフットサル大会「ホンダカップ」を経験することで、着実に力をつけてきた女子チームが「福井丸岡RUCK」だ。

 2014、15年にレディース(女性)部門で2連覇、15年はU-18ガールズ(18歳以下女子)、16年にU-15ガールズ(15歳以下女子)でも優勝している。

 昨年発足した全国リーグ「日本女子フットサルリーグ」に参戦し、初代チャンピオンにも輝いた。

 チームを率いるのは田中悦博監督(51)。主力メンバーの高校、大学生は15年前に田中監督が声をかけ集めた近所の園児らだ。「成長するに従い個人の技量に差が出てきたが、どのメンバーも各自のレベルにあった試合に出場させてフットサルを楽しめるようにしてきた」と話す。この方針がチームの強さにもつながった。

 以前から女子フットサルの発展には、小学生からの全世代で、全国優勝を目標にできる大会が必要だと考えてきた。ホンダカップに今年からU-12ガールズ(12歳以下女子)が誕生したことでその環境が整う。

 「RUCKは一歩ずつ階段を上がって大きな舞台に立てるようになり、世界一を目指している。がんばれば夢はかなうということを実感してほしい」と期待を込めている。(宇山公子)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 【夢の舞台~ホンダカップ~(4)】階段を一歩ずつ 世界一目指す 福井丸岡RUCKの田中悦博監督