2017.6.28 16:15

浅野の盟友が来季は武藤の同僚に マインツがシュツットガルトからマキシムを獲得

浅野の盟友が来季は武藤の同僚に マインツがシュツットガルトからマキシムを獲得

特集:
浅野拓磨
武藤嘉紀
浅野の盟友が来季は武藤の同僚に マインツがシュツットガルトからマキシムを獲得

浅野の盟友が来季は武藤の同僚に マインツがシュツットガルトからマキシムを獲得【拡大】

 ブンデスリーガのマインツが、シュツットガルト所属のルーマニア代表MFアレクサンドル・マキシムを獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月までの4年契約で、背番号は10に決定している。

 1990年生まれ、現在26歳のマキシムは若手時代に母国ルーマニアのクラブを転々とした後、2007年にスペイン、エスパニョールの下部組織に入団。トップチームに定着することはできなかったが、その後2013年に加入したシュツットガルトで評価を高めていた。

 シュツットガルトが2部に降格した後もチームに留まり、16-17シーズンは2部でリーグ戦25試合5得点の成績を記録してチームの1部昇格に貢献している。同クラブでは日本代表FW浅野拓磨と同僚で、2列目でコンビを組む試合も多かった。

 マインツのスポーツディレクター、ルーヴェン・シュローダーも「マキシムは素晴らしい技巧を持っていて、ドリブルで何度となく好機を生み出してくれるだろう。マインツにとって大きな力になるはずだ」と述べ、同選手に期待を寄せている。

 今夏の移籍市場でマインツはここまで積極的な動きを見せており、元ドイツ代表GKレネ・アドラー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWケナン・コドロなど、即戦力の人材を次々に補強していた。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 浅野の盟友が来季は武藤の同僚に マインツがシュツットガルトからマキシムを獲得