2017.6.19 05:03(1/2ページ)

代表組お疲れモード?槙野が流血…遠藤ら浦和守備陣、今季最多4失点

代表組お疲れモード?槙野が流血…遠藤ら浦和守備陣、今季最多4失点

槙野(左)は流血しながら懸命にプレーしたが、磐田の攻撃を抑えることができなかった (撮影・中井誠)

槙野(左)は流血しながら懸命にプレーしたが、磐田の攻撃を抑えることができなかった (撮影・中井誠)【拡大】

 明治安田J1第15節最終日(18日、埼玉スタジアムほか)2試合を行い、浦和は磐田に2-4で敗れた。DF槙野智章(30)、遠藤航(24)、MF宇賀神友弥(29)の日本代表トリオを中心とする守備が今季最多の4失点と崩壊した。ホームでは、5失点した2013年12月7日のC大阪との最終節以来となる4失点。横浜MはMF天野純(25)が見事な右足シュートを決めてFC東京に1-0で競り勝ち3連勝。勝ち点を26に伸ばして5位に浮上した。

【続きを読む】

  • 競り合いで流血した浦和・槙野
  • 磐田に敗れ肩を落とす浦和イレブン=埼玉スタジアム
  • 磐田に敗れ、さえない表情で引き揚げる興梠(30)ら浦和イレブン=埼玉スタジアム
  • 試合に負け表情が冴えない浦和の選手=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半勝ち越しゴールを決めた浦和・阿部=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、勝ち越しゴールを決め喜ぶ浦和・阿部(左)=埼玉スタジアム
  • 後半、勝ち越しゴールを決める浦和・阿部(手前)=埼玉スタジアム
  • 前半、同点ゴールを決め、槙野(左)とタッチする浦和・阿部=埼玉スタジアム
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 代表組お疲れモード?槙野が流血…遠藤ら浦和守備陣、今季最多4失点