2017.6.13 13:50(1/2ページ)

【サッカーコラム】U-20W杯で日本が屈したベネズエラが大躍進 大リーグのスターも3年前から予言!

【サッカーコラム】

U-20W杯で日本が屈したベネズエラが大躍進 大リーグのスターも3年前から予言!

5月30日に行われたU-20W杯決勝トーナメント1回戦、ベネズエラの厳しいマークを受けて表情をゆがめる日本の堂安(左)

5月30日に行われたU-20W杯決勝トーナメント1回戦、ベネズエラの厳しいマークを受けて表情をゆがめる日本の堂安(左)【拡大】

 【No Ball,NO Life】韓国で開催されていたU-20(20歳以下)W杯は11日に閉幕。イングランドがベネズエラを1-0で下し、初優勝を決めた。今大会最大のサプライズは2度目の出場で一気に準優勝まで上り詰めたベネズエラだろう。

 5大会ぶりにU-20W杯出場権を獲得した日本も決勝トーナメント(T)1回戦で、延長戦までもつれ込んだ末にベネズエラに屈した。

 ベネズエラといえば、いわずと知れた野球大国。プロ野球DeNAを率いるアレックス・ラミレス監督(42)ら日本球界で活躍する助っ人はもちろん、サイ・ヤング賞投手のフェリックス・ヘルナンデス(31)=マリナーズ=や三冠王のミゲル・カブレラ内野手(34)=タイガース=といった米大リーグのスター選手を数多く輩出している。

 対照的にサッカーでは、南米10カ国のうち唯一W杯本大会出場経験がなく、ベネズエラは南米再弱国のレッテルを貼られ続けてきた。

 大リーグを担当していた2014年。ブラジルW杯で米国代表が16強入りしたこともあって、当時のメジャー球団のクラブハウスではサッカーの話題が出ることが多かった。当時、ロイヤルズで青木宣親外野手(35)=現アストロズ=とチームメートだったサルバドール・ペレス捕手(27)やアルシデス・エスコバル内野手(30)らは本大会に出てもいないのに、えんじ色のサッカー・ベネズエラ代表のユニホームを着ていた。

【続きを読む】

  • 5月30日のU-20W杯決勝トーナメント1回戦、天才・久保(右)もベネズエラの厳しいマークを受けた
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 【サッカーコラム】U-20W杯で日本が屈したベネズエラが大躍進 大リーグのスターも3年前から予言!