2017.5.20 22:13

G大阪が連勝で首位!柏は6連勝で2位浮上

G大阪が連勝で首位!柏は6連勝で2位浮上

G大阪が連勝で首位!柏は6連勝で2位浮上

G大阪が連勝で首位!柏は6連勝で2位浮上【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第12節が5月20日、8試合行われた。浦和レッズが引き分けたため、勝ったガンバ大阪が首位に浮上し、6連勝の柏レイソルが2位に順位を上げた。サンフレッチェ広島とアルビレックス新潟が今季2勝目を挙げており、大宮アルディージャは最下位に転落した。

 首位の浦和はFW興梠慎三がハットトリックを達成したものの、清水エスパルスのFW鄭大世に2ゴールを許すなど3失点。3-3のドローに終わり、首位の座を明け渡した。

 横浜F・マリノスはMF前田直輝のゴールで45+1分に先制。しかし対するベガルタ仙台も77分にDF大岩一貴のゴールで追いつき、双方良い形で攻めながらも追加点は奪えず、1-1のドローとなった。

 広島は19分に失点して先制を許すも、41分にMF柴崎晃誠、50分にはJ1通算350試合出場を達成したDF水本裕貴がそれぞれゴールを挙げ逆転。2-1でヴァンフォーレ甲府を下し、今季リーグ戦2勝目を手にした。

 呂比須ワグナー新監督率いる新潟は北海道コンサドーレ札幌と対戦。66分にMFホニが値千金の先制弾を決め、前掛かりになる札幌の攻撃を退けて1-0で勝利。新監督の初陣を飾り、今季2勝目とした。

 5連勝中と絶好調の柏は、44分にFWクリスティアーノ、74分にMF中川寛斗が得点を奪って2-0でジュビロ磐田に勝利。破竹の6連勝を飾り、2位に浮上した。

 セレッソ大阪は0-0で迎えた後半、CKのチャンスを2度ゴールに結びつけて2点をリード。さらに86分にはFW杉本健勇がダメ押しのゴールを決め、3-0で大宮を圧倒した。大宮は最下位転落。

 G大阪はFW長沢駿とMF倉田秋のゴールで前半に2点を奪う。終了間際にも追加点を挙げたG大阪が3-0でサガン鳥栖を下し、今季初めて首位に躍り出た。

 FC東京は14分にMF永井謙佑が先制ゴールを挙げた。追いかけるヴィッセル神戸は63分、FW渡邉千真の2試合連続ゴールで追いついた。試合は1-1のドローに終わった。

 試合結果は以下の通り。残りの1試合は19日に行われた。(Goal.com)

 明治安田生命J1リーグ第12節
 5月19日
 鹿島アントラーズ 0-3 川崎フロンターレ
 5月20日
 浦和レッズ 3-3 清水エスパルス
 横浜F・マリノス 1-1 ベガルタ仙台
 ヴァンフォーレ甲府 1-2 サンフレッチェ広島
 アルビレックス新潟 1-0 北海道コンサドーレ札幌
 ジュビロ磐田 0-2 柏レイソル
 大宮アルディージャ 0-3 セレッソ大阪
 ガンバ大阪 3-0 サガン鳥栖
 ヴィッセル神戸 1-1 FC東京

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. G大阪が連勝で首位!柏は6連勝で2位浮上