2017.5.20 18:55(2/2ページ)

C大阪が3発快勝!大宮は再び最下位転落

C大阪が3発快勝!大宮は再び最下位転落

C大阪が3発快勝!大宮は再び最下位転落

C大阪が3発快勝!大宮は再び最下位転落【拡大】

 エンドが変わり、後半は互いにペナルティエリア内でのプレーが増えていった。大宮が押し込む時間帯とC大阪が攻め込む時間帯が交互に訪れ、それを双方が懸命に跳ね返す展開となる。シュートで終わるプレーが多くなり、選手の動きも活発になっていった。

 時間が進むにつれ、徐々にペースはC大阪へと傾いていく。スコアが動いたのは63分だった。C大阪が左CKを得ると、キッカーはMFソウザ。スピードのあるクロスを供給すると、ニアサイドで清武がヘッド。これがネットを揺らし、C大阪が待望の先制点を挙げた。さらに76分、今度は右CKを獲得したC大阪。ソウザのクロスにフリーのMF山村和也が頭で合わせ、追加点を奪った。

 セットプレーで2点を先行したC大阪は、無理をせず丁寧にボールを回していく。大宮にボールが渡れば、堅く守ってチャンスの芽を摘んでいった。少ない残り時間で2点を追う大宮はプレーを急ぐものの、その分精度を欠いて細かいミスからボールを奪われてしまう。すると86分、早いパス回しから杉本が2試合連続ゴールを決めた。3-0とC大阪が決定的なリード。

 3分間が与えられたアディショナルタイムにもC大阪が攻め続け、大宮はなかなか敵陣へボールを持ち込むこともできなかった。そのまま試合終了となり、C大阪は2連勝。大宮は再び最下位転落となった。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. C大阪が3発快勝!大宮は再び最下位転落