2017.5.20 18:29

甲府、先制点生かせず2連敗…広島のパス回しで疲弊し終盤息切れ

甲府、先制点生かせず2連敗…広島のパス回しで疲弊し終盤息切れ

 明治安田J1第12節最終日(20日、甲府1-2広島、中銀ス)甲府は先制点を生かせず、2連敗を喫した。前半19分に小椋がミドルシュートを決めたが、前半のうちに同点に。後半5分には左CKから勝ち越しを許した。気温が30度を超える暑さの中で広島のパス回しで疲弊し、終盤は息切れした。

 最初の失点はDFリマのマークが甘く、皆川に反転を許したことがきっかけ。CKの場面は近いサイドで誰もクリアできず、ワンバウンドした球を仕留められた。隙を突かれた吉田監督は「失点シーンはミスが積み重なった。小さなところでやられていく」と厳しい表情だった。

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 甲府、先制点生かせず2連敗…広島のパス回しで疲弊し終盤息切れ