2017.5.20 17:48

広島が6戦ぶり勝ち点3 森保監督「残留できる15位に向け一丸になって戦う」

広島が6戦ぶり勝ち点3 森保監督「残留できる15位に向け一丸になって戦う」

 明治安田J1第12節最終日(20日、甲府1-2広島、中銀ス)下位に沈む広島が6戦ぶりの今季2勝目。大敗した前節のC大阪後、森保監督は残留争いを明確に意識させ、泥くさく勝ち点を重ねる覚悟を説いたという。逆転勝ちに「残留できる15位に向け、声を掛け合い、支え合い、一丸になって戦う」と語気を強めた。

 布陣もてこ入れし、FWは工藤から皆川、3バックの中央は千葉から野上に代わった。前半41分の柴崎の同点ゴールは初先発の皆川のポストプレーがきっかけだった。DF水本は通算350試合出場の節目でCKから決勝点を奪い「先に失点したが反発心を出せた」と喜んだ。

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 広島が6戦ぶり勝ち点3 森保監督「残留できる15位に向け一丸になって戦う」