2017.5.19 14:30(1/5ページ)

チェルシーのプレミア王座奪還は当然の結果…ライバルとの決定的な違いとは?

チェルシーのプレミア王座奪還は当然の結果…ライバルとの決定的な違いとは?

チェルシーのプレミア王座奪還は当然の結果…ライバルとの決定的な違いとは?

チェルシーのプレミア王座奪還は当然の結果…ライバルとの決定的な違いとは?【拡大】

就任1年目のコンテがチェルシーを優勝に導く

 16-17シーズンのプレミアリーグはチェルシーが素晴らしい成績を残して制覇した。指揮官アントニオ・コンテは就任1年目からいきなりリーグタイトルをもたらすという素晴らしい仕事ぶりを披露し、多くの称賛を浴びている。

 特殊なことをやり遂げたわけではないが、これまでほとんどの指導者が成し遂げた以上のことをやってのけたと言って良いだろう。イタリアから異なる国の新しいリーグにやってきて、第12節から最終節まで優勝戦線をリードし続けての制覇はまさに特筆すべき偉業だ。

 かつてコンテと同胞のカルロ・アンチェロッティもチェルシーの監督就任初年度にプレミアリーグ制覇を果たした。だが、オーナーであるロマン・アブラモビッチの悲願であったチャンピオンズリーグ優勝という期待に応えることができず、その1年後にはクラブを去ることになった。コンテの試練はこれからだ。

 コンテにとって今季はそれほどハードルの高いものではなかったかもしれない。ユベントスでセリエA3連覇を達成しただけでなく、戦術的な進化も著しかった。イタリア代表ではユーロ2016において、スペインを撃破し、ベスト8に導いている。大きなプレッシャーや期待と向き合ってきたコンテだが、チェルシーでは、前のシーズンにジョゼ・モウリーニョが起こしたゴタゴタもあり、出場権のなかった欧州カップ戦との二足のわらじを考える必要がなかった。リーグ戦と国内のカップ戦に集中すれば良かったという点がリーグタイトル奪還の後押しになったことは事実であり、コンテにとっては前に指揮した2チームよりも楽な条件で戦えたことだろう。

 その一方で、15-16シーズンのプレミアリーグを制した“ミラクルレスター”は、16-17シーズンは疲弊ぶりの目立ったシーズンとなった。優勝の原動力だったエンゴロ・カンテを引き抜かれ、その穴埋めがうまくいかない中、複数のコンペティションで消耗戦を余儀なくされた。

 その結果、2部降格の危機に陥ったことで、チャンピオンズリーグではラウンド16に残りながらも2017年2月にクラウディオ・ラニエリは更迭の憂き目に遭っている。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. チェルシーのプレミア王座奪還は当然の結果…ライバルとの決定的な違いとは?