2017.5.19 23:22

鹿島・石井監督、完敗に肩落とす「あのブーイングは私自身が受けるべき」

鹿島・石井監督、完敗に肩落とす「あのブーイングは私自身が受けるべき」

川崎に敗れ、肩を落とす鹿島イレブン=カシマ

川崎に敗れ、肩を落とす鹿島イレブン=カシマ【拡大】

 明治安田J1第12節第1日(19日、鹿島0-3川崎、カシマ)鹿島はホームで完敗し、観客から厳しいブーイングを浴びた。レオシルバや植田ら主力の負傷離脱で戦力が著しく落ち、石井監督は「申し訳ない。あのブーイングは私自身が受けるべきだ」と肩を落とした。

 川崎を10本も上回る17本のシュートを放ちながらの敗戦は、昨季王者が本来持つ勝負強さからほど遠い。鈴木や金崎の決定機がGK鄭成龍に阻まれるなど、自慢の決定力が影を潜めた。

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 鹿島・石井監督、完敗に肩落とす「あのブーイングは私自身が受けるべき」