2017.5.18 18:30(1/3ページ)

なぜモナコはトップクラブへ返り咲いたのか…経済的視点から見る成長要因とは?

なぜモナコはトップクラブへ返り咲いたのか…経済的視点から見る成長要因とは?

なぜモナコはトップクラブへ返り咲いたのか…経済的視点から見る成長要因とは?

なぜモナコはトップクラブへ返り咲いたのか…経済的視点から見る成長要因とは?【拡大】

 モナコの実権はこれまで公家であるグリマルディ一族が握ってきたが、その実権は2011年にロシアからやってきたディミトリ・リボロフレフへと渡っていった。ロシア出身のこの億万長者は、アルベール2世の同意を得て、この年2部に降格していたモナコの66.6%の株を手に入れたのだ。当時のリボロフレフの資産は90億ドル(約 1兆円)以上に上ると言われており、『Forbes』が伝える世界億万長者100人の中に数えられていた。リボロフレフは医者から実業家へと転身し、ソビエト連邦崩壊後の1990年代半ば、危機に追い込まれていたカリウム生産会社に投資したことで成功を収めた。

 リボロフレフはチェルシーのロマン・アブラモヴィッチを始めとしたロシア出身の富豪に倣うように、チームを強いクラブへと変貌させるため、巨額の資金を投資していく。しかしそれは、UEFAが定めたファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規定に接触するリスクを負うことでもあった。

 モナコは2012年に早速指揮官にクラウディオ・ラニエリを迎え、チームを丸ごと作り替えた。すると2013年にはリーグ・アンに昇格し、1億4000万ポンド(約200億円)を費やして、FWラダメル・ファルカオ、MF ハメス・ロドリゲス、MFジョアン・モウティーニョのようなトップクラスの選手との契約にこぎつけたのだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. なぜモナコはトップクラブへ返り咲いたのか…経済的視点から見る成長要因とは?