2017.4.21 12:54(1/3ページ)

乾が明かすバルセロナの凄さと“自分自身の輝かせ方”

乾が明かすバルセロナの凄さと“自分自身の輝かせ方”

特集:
乾貴士
乾が明かすバルセロナの凄さと“自分自身の輝かせ方”

乾が明かすバルセロナの凄さと“自分自身の輝かせ方”【拡大】

 「メッシに追いつくのは不可能に近い。だけど……」

 やや唐突な質問に、乾貴士は笑顔を浮かべながらも真摯に答えてくれた。

 リーガ・エスパニョーラという世界最高峰のリーグでプレーし、トップクラスの選手たちと対じしたことで得たものは決して少なくないようだ。

 同じピッチで、同じ選手として、最高のプレーを体感する。普通では得難い経験を力に変えて、乾は挑戦を続けている。

 今回は彼がプレーしたドイツとスペインの違いや、世界最高峰のプレーに触れた瞬間について、迫っていくことにしよう。

 ■「やっぱり、バルセロナですね」

 --乾選手はブンデスリーガとリーガ・エスパニョーラでプレーした経験がありますよね。ドイツとスペインの違いをどう感じていますか?

 技術の高さや戦術レベルの高さ、それに一人ひとりの選手の戦術理解度っていうのは、ドイツと比べるとスペインの方が秀でているのかなって思います。

 --一般的にはスペインの方が自由で、ドイツは真面目というイメージがありますが、そういうわけでもないんですね?

 そうですね。スペインでは攻撃に関してそこまで細かな規律はないので、すごく自由にはやってます。けど、守備の部分ではスペインの方がみんなで監督の言っている戦術を理解してやろうとしていると思います。

 --今まで様々なビッグクラブと戦ってきましたが、印象に残っているチームはどこですか?

 やっぱり、バルセロナですね。

 --どの辺が印象に残りましたか?

 もう次元が違うんですよ。一人ひとりの技術がすごく高いですし、普通のチームならミスになるようなところでも、バルセロナの選手はミスしない。ちょっと異次元なのかなっていう感じはしましたね。

 --その中で印象に残った選手は?

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 乾が明かすバルセロナの凄さと“自分自身の輝かせ方”