2017.3.21 19:37

アルカセル、バルサをわずか1年で退団か...前線補強ならレンタル放出も

アルカセル、バルサをわずか1年で退団か...前線補強ならレンタル放出も

アルカセル、バルサをわずか1年で退団か...前線補強ならレンタル放出も

アルカセル、バルサをわずか1年で退団か...前線補強ならレンタル放出も【拡大】

 バルセロナに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルは、次の夏に同クラブを離れることになるかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

 昨年夏、移籍金3000万ユーロ(約36億円)でバレンシアからバルセロナに加入したアルカセルだが、ここまで期待に応える活躍を見せているとは言い難い。今季リーガエスパニョーラ初得点が生まれたのは、2月4日の第21節アスレティック・ビルバオ戦。そこまでおよそ5カ月の時間が必要だった。

 バルセロナはシーズン開幕前、FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのバックアッパーを探していた。「第4のFW獲得」と銘打たれたオペレーションで、最終的に獲得したのがアルカセルだ。しかしアルカセルは“MSN”が不調に陥った際に発揮すべき得点力を、シーズン終盤に入った今もバルセロナで披露できていない。

 そのアルカセルに、早くも移籍のうわさが立ち上がっている。クラブは今夏前線にトップクラスのストライカーを加えることを検討している様子で、AマドリードFWアントワーヌ・グリエズマン、ユベントスFWパウロ・ディバラらが候補に挙がっているという。

 最近20試合でアルカセルが先発したのは、たった1試合。ただでさえ“MSN”の壁に阻まれている同選手にとって、新たなFWが加入すれば出場機会の確保は絶望的だ。そこでクラブは今季終了時、アルカセルをレンタルで放出することを考えるとみられている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アルカセル、バルサをわずか1年で退団か...前線補強ならレンタル放出も