2017.3.21 14:24(1/2ページ)

本田「試合勘とコンディションは別」 自身の不要論も気にせず

本田「試合勘とコンディションは別」 自身の不要論も気にせず

特集:
本田圭佑
本田「試合勘とコンディションは別」 自身の不要論も気にせず

本田「試合勘とコンディションは別」 自身の不要論も気にせず【拡大】

 日本代表は23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを行っている。20日に行われたトレーニング後、MF本田圭佑が記者団の取材に応えた。

 気候や環境について聞かれた本田は、記者からの「暑い?」との問いに「湿度、そこまで(高くない)じゃないですか」と回答。砂ぼこりについても「目が慣れるまでは、すごく必要以上にまばたきしていた。でも問題ないんじゃないですかね。やり始めたらあんまり気にならなかったです」と話した。

 今シーズン、所属クラブのACミランでは不本意なシーズンを過ごしている。コンディションに問題はないのかという問いに本田は「悪くないですけどね。試合勘のところだけじゃないかと思いますけど」と答え、試合に出られない状況に「いい経験をしてます」と苦笑い。

 それでも、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は本田の経験を必要としている。「自分は出ると思いながら、常に最高の準備をしている。ほかの選手も含め、そういう思いで準備をしないといけない。どういうハプニングが起きるか分からないんで、交代3枠も含め、この一戦(UAE代表戦)は、ホントに総力戦になるというイメージですね」と自分の役割を意識している。また、主将のMF長谷部誠が代表から離脱したことについて話を振られると「(自分の発言は)ほかの選手も読むからね。そこまで考えないといけない。影響はないと思わないといけないし、あったとしても、ここで話すことではない」と話を切った。

 その一方で、自身の日本代表招集に議論があることについては「全然いいんじゃないですか。みんながそれで盛り上がるんであれば。いずれは外れて、いずれはサッカーもやめるわけですから。なんてことない自然の摂理でしょ」と気にも留めていないことを強調する。ただ、「この時点でそういう風になるのは本望じゃない」と語気を強める。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 本田「試合勘とコンディションは別」 自身の不要論も気にせず