2017.3.20 23:34

アトレティコに敗れたセビリア指揮官「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」

アトレティコに敗れたセビリア指揮官「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」

アトレティコに敗れたセビリア指揮官「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」

アトレティコに敗れたセビリア指揮官「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」【拡大】

 19日のリーガエスパニョーラ第28節、セビリアは敵地ビセンテ・カルデロンでのAマドリード戦を1-3で落としている。ホルヘ・サンパオリ監督は試合後、チャンピオンズリーグ(CL)敗退の影響もあり、チームの士気が落ちていた可能性を否定しなかった。

 スペイン『アス』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。

 「厳しい敗戦を強いられた後に、これだけ強い相手と戦うことになった……。しかしチームは最後まで戦ったよ。それが痛みを取り除くわけではないが、期待を生じさせるものだ」

 「成功をつかめず、フラストレーションはほろ苦さがあるのは当たり前だ。我々はCLで厳しい打撃を受けていた。これから解決策と本当のセビリアを見つけなくてはならない」

 これで首位Rマドリード(1試合未消化)との勝ち点差は8に広がったが、サンパオリ監督は優勝の可能性が遠のいたことを認める。

 「リーガ(優勝)のチャンスは、当然遠のいた。今はCLにストレートインすることをだけを考えなくてはならない」(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アトレティコに敗れたセビリア指揮官「リーガ優勝のチャンスは遠のいた」