2017.3.20 08:55(1/2ページ)

アトレティコ、3位の座争うセビリアとの直接対決を3発で制す! 後半にはF・トーレスが復帰

アトレティコ、3位の座争うセビリアとの直接対決を3発で制す! 後半にはF・トーレスが復帰

アトレティコ、3位の座争うセビリアとの直接対決を3発で制す! 後半にはF・トーレスが復帰

アトレティコ、3位の座争うセビリアとの直接対決を3発で制す! 後半にはF・トーレスが復帰【拡大】

 19日のリーガエスパニョーラ第28節、ビセンテ・カルデロンでのAマドリード対セビリアは3-1でアトレティコの勝利に終わった。

 勝ち点57で3位に付けるセビリアと、勝ち点5差でそれを追う4位アトレティコ……チャンピオンズリーグにストレートイン可能な3位の座を争う両チームの直接対決である。スペイン『マルカ』紙でアトレティコのコラムを執筆するアルベルト・ロポ氏は「現地時間16時15分発の列車。アトレティはその3車両目に飛び乗らなければならない」などと記していたが、確かにホームチームにとっては3位争いに食らいつく最後のチャンスとなるだろう。

 シメオネ監督はGKオブラク、DFヴルサリコ、サビッチ、ゴディン、フィリペ、MFカラスコ、ガビ、サウール、コケ、FWグリエズマン、ガメイロを起用し、普段の4-4-2を採用。スペインの父の日ということで「父から子へ」の横断幕が掲げられ、アトレティコのイムノが全力が歌われた後に試合(もしくは列車)はスタートしたが、その2分後に急停止した。ヴルサリコが左ひざの捻挫で続行不可能となり、シメオネ監督は代わりにフアンフランを投入している。

 いきなりアクシデントに見舞われたアトレティコだが、それにも怯むことなく全速力で走り、セビリアを自陣に押し込む。そして12分にはカラスコのスルーパスからガメイロが最終ラインを突破。右足で放ったシュートは、飛び上がったGKセルヒオ・リコの手に当たりながらもゴールへ向かったが、惜しくもクロスバーに当たっている。

 アトレティコはガメイロの決定機をピークとして勢いを落とし、セビリアのボール保持を許すように。しかし持ち前の堅守を発揮して相手の決定機までは許さず、カウンターからゴールに執着し続けた。そうして37分、ペナルティーエリア手前左で得たFKから待望の先制点を記録。グリエズマンが上げた精度の高い浮き球から、フリーで待ち構えていたゴディンが渾身のヘディングシュートによってネットを揺らした。前半は1-0のまま終了する。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. アトレティコ、3位の座争うセビリアとの直接対決を3発で制す! 後半にはF・トーレスが復帰