2017.3.18 10:00

【小林達彦アナのポイント】公式戦2連敗の仙台、ガムシャラに戦え!

【小林達彦アナのポイント】

公式戦2連敗の仙台、ガムシャラに戦え!

 J1第4節、ベガルタ仙台は柏と敵地(柏)で対戦する。

 今季の柏の成績は、開幕の鳥栖戦は○3-1、PK2本もあって逆転勝ち。2戦目はホームのG大阪戦は●1-3の完敗。3戦目の川崎戦もDFにミスがあり●1-2と2連敗した。しかし、3日前のルヴァン杯清水戦は開始3分、若い手塚のゴールで○1-0の勝ち、目下2勝2敗だ。

 柏はFW田中順(神戸)、MF茨田(大宮)、秋野(湘南)、そしてベガルタ入りしたDF増嶋ら主力を中心に8人がチームを離れた。

 一方、新戦力としてFWハモン・ロペスが仙台から、SBに韓国代表のユン・ソギョンなど6人が加わった。一見、補強がもう一歩の感はあるが、柏の特長である若手の起用で補っている。しかも、その若手が自前、柏ユース出身が多い。全28選手中、半数を超える16人が柏ユース出身者だ。開幕の鳥栖戦でのスタメンのうち6人がユース出身、外国人3人を除くと8人中6人。また、3日前のルヴァン杯には21歳以下の選手が5人も先発している。

 2010年以降の柏だが10年J2優勝、11年J1昇格即優勝、その後、6位、10位、14年4位までネルシーニョ監督だった。15年10位、昨季は開幕3試合でメンデス監督から下平隆宏監督に交代、8位で終わった。

 実質2年目の下平監督は「ある程度基礎はできた」という。しかも、若手起用が一段と積極的になっている。チーム平均年齢24・2歳はJ1で2番目に若い。下平サッカーはボールを大事にするポゼッションサッカーで両サイドを巧みに使ってくる。

 トップに外国人3人を並べるシステムだがハモン・ロペスは腰痛で今節の出場は微妙。また、CBの中山は前節レッドカードで出場停止。

 仙台は12年以降、今回の会場(柏スタジアム)で6戦負けなし(3勝3分け)と相性はいい。2連敗のベガルタ、何はともあれガムシャラに戦いたい!

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【小林達彦アナのポイント】公式戦2連敗の仙台、ガムシャラに戦え!