2017.3.14 12:00(1/2ページ)

【サッカーコラム】気になるのは本田の処遇 欧州組びいきのハリル監督が選ぶ日本代表FW7枠に注目が集まる

【サッカーコラム】

気になるのは本田の処遇 欧州組びいきのハリル監督が選ぶ日本代表FW7枠に注目が集まる

特集:
No Ball, No Life
ハリルJAPAN
本田圭佑

本田圭佑【拡大】

 【No Ball、No Life】ロシアW杯アジア最終予選2試合(UAE、タイ)の日本代表メンバーが16日に発表される。気になるのは、FW本田圭佑(30)=ACミラン=の処遇だろう。今年に入り、クラブでの出場時間は1月25日のユベントス戦の後半ロスタイムの数分である。

 ハリルホジッチ監督(64)も本田について「判断材料がない」と困っている。長らくプレーを見ておらず、実戦不足の影響がどの程度のものか確かめようがない。招集してその目で見るのがベストだろうが、呼べる人数にも限りがある。

 昨年9月からの最終予選5試合を振り返るとベンチ登録23人に対し、毎回25~26人を招集している。おおよそGK3、DF8、MF7、FW7といった内訳である。FWの7枠に本田が入る余地があるのか。

 欧州組びいきのハリルホジッチ監督の傾向から推察するに、欧州のクラブで出場機会を得ている大迫勇也(26)=ケルン、原口元気(25)=ヘルタ、岡崎慎司(30)=レスター、久保裕也(23)=ヘント、浅野拓磨(22)=シュツットガルト=は当確だろう。

 残りは2枠。直近となる昨年11月のホーム・サウジアラビア戦では前出の5人に加え、本田と斉藤学(26)=横浜M=を入れた。昨年10月のイラク戦&豪州戦までさかのぼると、宇佐美貴史(24)=アウクスブルク、武藤嘉紀(24)=マインツ、小林悠(29)=川崎を選出した(宇佐美と武藤はけがで辞退)。

【続きを読む】

  • 本田圭佑(右)とハリルホジッチ監督
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】気になるのは本田の処遇 欧州組びいきのハリル監督が選ぶ日本代表FW7枠に注目が集まる