2017.3.9 12:13(1/2ページ)

【サッカーコラム】過酷すぎた浦和の開幕5連戦、選手たちのコンディションを考慮した“やさしい”日程を求む

【サッカーコラム】

過酷すぎた浦和の開幕5連戦、選手たちのコンディションを考慮した“やさしい”日程を求む

特集:
No Ball, No Life
C大阪戦の前半、興梠のチーム2点目となるゴールを喜び合う浦和・武藤ら

C大阪戦の前半、興梠のチーム2点目となるゴールを喜び合う浦和・武藤ら【拡大】

 【No Ball、No Life】 J1浦和が、“開幕5連戦”を乗り切った。公式戦5戦を3勝2敗。何とか勝ち越しに成功した。

 昨季、史上最多の勝ち点74を奪いながら、リーグ優勝を逃した。今季はリーグ制覇を最大の命題に掲げ、1月の沖縄キャンプからハードなトレーニングに取り組んだ。一方でペトロビッチ監督は過密日程を考慮し、ミーティングで「誰がレギュラーとかではない。全員で乗り切ろう」とターンオーバー(選手の入れ替え)制を示唆したという。2月中旬から始まる“5連戦”を前に、準備を徹底していた。

 主力選手は「日程は最初からわかっているし、キャンプからそのための練習を積んできた。過密日程をいい訳にすることはできない」と話した。その通りだろう。ただ、あまりにも過酷すぎる日程だったと、言わざるを得ない。

 浦和の2月18日から3月4日までの試合日程と結果を確認しておく。

 (1)2月18日 ゼロックス杯・鹿島戦(日産ス)●2-3

 (2)2月21日 ACL・ウエスタンシドニー戦(豪州)○4-0

 (3)2月25日 J1・横浜M戦(日産ス)●2-3

 (4)2月28日 ACL・FCソウル戦(埼玉)○5-2

 (5)3月4日 J1・C大阪戦(埼玉)○3-1

 中2日、中3日の連続だ。しかも、2月18日のゼロックス杯と同21日のACL(アウェー)との連戦は、常軌を逸した日程だった。18日に横浜で試合に臨み、その夜に羽田から豪州へ出発。19日と20日に現地で調整し、21日に試合を行った。

 クラブや選手は、日程に文句を言うことはないし、与えられた日程をこなすしかない。ただ、もう少し、何とかならないものか。たとえばゼロックス杯の日程を1週間、早めるとか、J1の開幕を1週間、遅らせるとか…。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【サッカーコラム】過酷すぎた浦和の開幕5連戦、選手たちのコンディションを考慮した“やさしい”日程を求む