2017.3.2 15:42(1/2ページ)

ラモス瑠偉氏、脳梗塞から復帰「再発したら今度は逝ってしまうのではないかと、心配で、心配で…」

ラモス瑠偉氏、脳梗塞から復帰「再発したら今度は逝ってしまうのではないかと、心配で、心配で…」

昨年末に脳梗塞を発症し、復帰会見を行った元日本代表MFラモス瑠偉氏

昨年末に脳梗塞を発症し、復帰会見を行った元日本代表MFラモス瑠偉氏【拡大】

 昨年末に脳梗塞を発症した元日本代表MFラモス瑠偉氏(60)が2日、東京都内で復帰会見を行った。4月1日からサッカー教室の講師などの仕事に復帰する。

 「この通り、元気です。いますぐボールを蹴りたいぐらい」

 しっかりとした足取りで入院後初の公の場にあらわれたラモス氏、会見終了後にはカメラの前でリフティングまで披露した。順調な回復ぶりをうかがわせたが、その裏にあった約2カ月間のリハビリ生活の内容も明かした。

 昨年12月29日、自宅でベッドから転げ落ちているラモス氏の異変に、妻の俊子さんが気づいて救急車を呼んだ。搬送先の病院で右の中大脳動脈に血栓が見つかった。

 「脳梗塞と聞いて、正直びびりました。僕自身、友人を2人ぐらい脳梗塞で亡くしているし、再発したら今度は逝ってしまうのではないかと、心配で、心配で…。珍しくマイナスのことばかり考えてしまった」

 会見中、ラモス氏が何度か涙ぐむシーンも見られた。血栓があと1、2ミリずれていたら、最悪の事態もあったという。ただ、発見が早かったことも幸いし、入院後1週間でリハビリを開始。担当医に黙って、妻・俊子さんと院内の階段を歩行していたという。1月24日にはリハビリ専門施設へ転院して、本格的なリハビリをスタートした。

 厳しいリハビリ生活を支えたのは、家族とサッカーだった。脳の右側で発症したため、左手、左足の動きに影響が出たという。そんな中、病院側から、「得意なことをすることで感覚が戻りやすくなる」とのアドバイスを受けてサッカーボールを使ったメニューを導入。動かせる右足でリフティングを行った後、左足でも挑戦し、「左足だけ25回できるようになった」と驚異的なペースで回復した。

 2月27日に改めて行われた検査では、担当医に「アスリートを超えている」と驚かれるほど良好だったといい。4月1日から徐々に仕事に復帰することになった。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ラモス瑠偉氏、脳梗塞から復帰「再発したら今度は逝ってしまうのではないかと、心配で、心配で…」