2017.2.17 15:56

トットナム指揮官、ヘントに敗戦で「今は悪い時」 得点源ケインの負傷も発覚/EL

トットナム指揮官、ヘントに敗戦で「今は悪い時」 得点源ケインの負傷も発覚/EL

トットナム指揮官、ヘントに敗戦で「今は悪い時」 得点源ケインの負傷も発覚/EL

トットナム指揮官、ヘントに敗戦で「今は悪い時」 得点源ケインの負傷も発覚/EL【拡大】

 16日に行われたヨーロッパリーグ、ラウンド32のヘントvsトットナムは日本代表FW久保裕也(UEFAの規定で久保はEL登録メンバー外)が所属するヘントが1-0で勝利を収めた。

 トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が試合後、敵地での敗戦を悔やんだ。

 「サッカーをやっていれば、良いことも悪いことも起こる。今日起こった事実は悪い時を迎えているということだ。これが現実だ」

 また、この試合ではFWハリー・ケインが試合中の終盤にひざに違和感を感じたものの、3枚の交代枠を使っていたためにフル出場を果たす形になった。19日にはFAカップ5回戦のフルアム戦、23日にはホームでヘントとのELの第2戦が控えているが、ケインはこの試合での出場が危ぶまれているという。

 プレミアリーグで現在3位に付けているトットナム。EL、FAカップ、そしてリーグ戦と、負けられない連戦以上に、過密日程と選手の疲弊も大きな懸念材料になっているようだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. トットナム指揮官、ヘントに敗戦で「今は悪い時」 得点源ケインの負傷も発覚/EL