2017.2.17 11:31

ナポリ主将、レアル戦敗北に落胆も準々決勝進出の可能性信じる/欧州CL

ナポリ主将、レアル戦敗北に落胆も準々決勝進出の可能性信じる/欧州CL

ナポリ主将、レアル戦敗北に落胆も準々決勝進出の可能性信じる/欧州CL

ナポリ主将、レアル戦敗北に落胆も準々決勝進出の可能性信じる/欧州CL【拡大】

 ナポリの主将MFマレク・ハムシクがチャンピオンズリーグ(CL)のRマドリード戦について、「すべての可能性が残されている」と、自身の公式ウェブサイトで意気込みを語った。

 ナポリは、15日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、1-3で敗北した。ハムシクはこの試合について、分析を行った。

 「試合開始直後、レアルが攻撃を仕掛けてきたが、(ホセ・マヌエル)レイナのスーパーセーブがあった。ナポリもすぐに反撃して、(ロレンツォ)インシーニェの素晴らしい30メートル弾が生まれた。後半に入り、5分間で2得点を許してしまった。2点目のチャンスがあっただけに残念だ」

 試合結果には落胆するものの、アウェーゴールを決めており、まだ準々決勝進出の可能性は残されていると語った。

 「いつも通りの持ち味をこの試合では発揮できなかった。だけど、相手が世界最高峰のチームだった忘れてはいけない。悲しいけど、アウェーで得点を決められたのは大きい。セカンドレグではすべての可能性が残されているので、挑戦を続けていく」(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ナポリ主将、レアル戦敗北に落胆も準々決勝進出の可能性信じる/欧州CL