2017.2.17 23:32(1/2ページ)

昨季チャンピオンシップ決勝の再現! 浦和と鹿島による頂上決戦

昨季チャンピオンシップ決勝の再現! 浦和と鹿島による頂上決戦

昨季チャンピオンシップ決勝の再現! 浦和と鹿島による頂上決戦

昨季チャンピオンシップ決勝の再現! 浦和と鹿島による頂上決戦【拡大】

 二冠のプライドが勝るか、最多勝ち点の意地が上回るか--。

 J1チャンピオンと天皇杯覇者によって争われるシーズン最初の公式戦「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」が、2月18日に日産スタジアムで開催される。

 昨季は鹿島アントラーズが明治安田生命J1リーグと天皇杯全日本サッカー選手権大会の両大会を制しているため、リーグ2位の浦和レッズが出場することになり、明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝の再現となった。

 年間最多勝ち点を稼ぎ、CS決勝も1勝1敗でありながら、アウェイゴール数の差によって王者の称号を鹿島に譲った浦和にとって“待望”の対戦だろう。

 自分たちが出場していたかもしれない昨年12月のFIFAクラブワールドカップにおける鹿島の戦いぶりを、どのような思いで眺めていただろうか。

 「正直、最初はレアル(・マドリ-)を応援していたというか、レアルが楽しみでした」

 そう明かしたのは、浦和のDF槙野智章である。だが、彼は続けてこう言った。

 「でも、(柴崎)岳が逆転ゴールを決めてからは気付いたら鹿島を応援していた。鹿島の勝負強さをあらためて見せてもらったし、大きな刺激をもらった。あの鹿島に来季こそ勝ちたい。そういう強い思いが芽生えました」

 浦和の今季のテーマは「相手に90分プレスを掛け続け、相手のコートで試合をする」(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)こと。これまで以上にバランスの針を攻撃へと傾け、相手を圧倒することを誓っている。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 昨季チャンピオンシップ決勝の再現! 浦和と鹿島による頂上決戦