2017.2.17 23:28

「バイエルンで獲得したタイトルは何も意味しない」 マンCで苦しむペップ監督

「バイエルンで獲得したタイトルは何も意味しない」 マンCで苦しむペップ監督

「バイエルンで獲得したタイトルは何も意味しない」 マンCで苦しむペップ監督

「バイエルンで獲得したタイトルは何も意味しない」 マンCで苦しむペップ監督【拡大】

 元西ドイツ代表MFで、Bミュンヘンのレジェンドとして知られるパウル・ブライトナー氏は、ジョゼップ・グアルディオラがイングランドでまだ力を証明していないと考えている。クラブイベントで語った。

 グアルディオラのスタイルを誰よりも信奉しているのはグアルディオラ自身だ。バルセロナでもバイエルンでも、そして現在のマンチェスター・Cでも着実に色を加え始めている。ブライトナー氏は現状について「ペップは自身が求めるスペシャルな方法でチームを勝たせようとしている。バルセロナでもバイエルンでもやったが、マンチェスターではまだあまり上手くいっていないようだね」と分析した。

 グアルディオラはバイエルンを3年間率いて、ブンデスリーガ3連覇に導いたが、チャンピオンズリーグでは3年連続準決勝敗退に終わっている。そのため、評価は分かれるところだが、少なくともブライトナー氏はグアルディオラのやり方に疑問を呈してるようだ。

 「バイエルンで彼はやりたいことを完璧にやりたがり、ユップ・ハインケスから引き継いだチームをさらに進歩させようとした。タイトルは獲得したが、それは彼がここにいる間にすべてを勝ち取ったということは意味しない」

 その後、バイエルンは前任者を超えるため、カルロ・アンチェロッティを招へいし、今シーズンから新たな一歩を踏み出している。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 「バイエルンで獲得したタイトルは何も意味しない」 マンCで苦しむペップ監督