2017.2.16 11:13

神戸フットボール映画祭、2・19開催 INAC道上&齊藤のトークショーも予定

神戸フットボール映画祭、2・19開催 INAC道上&齊藤のトークショーも予定

神戸フットボール映画祭のアンバサダーを務める神戸在住の作家で、フットサルFリーグのアンバサダー、草葉達也氏(右)と映画祭の広報マネージャーのマイマール

神戸フットボール映画祭のアンバサダーを務める神戸在住の作家で、フットサルFリーグのアンバサダー、草葉達也氏(右)と映画祭の広報マネージャーのマイマール【拡大】

 サッカーファンのためのサッカーファンによるサッカー映画の祭典、神戸フットボール映画祭が2月19日、神戸市の中華会館東亜ホール(中央区下山手通2の13の9)で開かれる。

 3年連続の開催で、ドイツのプロ監督の日常に密着したドキュメンタリー「Trainer!(監督)」(午後1時30分)でスタート。村を出たこともなかったネパールの山奥の村の少女たちが、家族の反対を押し切って初めての対外試合に挑み、敗北の悔しさ、勝利の喜びを知る「スナカリ(Sunakali)」(午後4時30分)が2本目となる。

 最後はメッシ、シャビ、イニエスタらの証言を元に、1899年の創設からクラブの成り立ち、揺るぎなき哲学を追究するFCバルセロナ監修の公式ドキュメンタリー「BARCA DREAMS FCバルセロナの真実」(午後6時35分)で、3本立て構成となっている。

 2本目終了後の午後5時30分ごろから、チケット購入者限定でINAC神戸のFW道上彩花(22)とDF齊藤夏美(24)のトークショーが予定されている。

 2年連続で映画祭のアンバサダーを務める神戸市在住の作家、草葉達也氏(53)は「神戸にはJリーグのヴィッセル神戸、なでしこリーグのINAC神戸、Fリーグのデウソン神戸がある。サッカー国内発祥の地、神戸からサッカー界を盛り上げていきたい」と話した。

 チケットは3本を観賞できる前売り1日券は3300円(前売、当日同料金)、シングル券は前売り1300円(当日1500円)。高校生1000円、中学生以下500円、65歳以上はシニア料金で1100円、障がい者料金1000円(障害者手帳の提示必要)。当日、マフラーなどのサッカー関連グッズを持参、またはユニホーム着用の来場者は前売り価格にて販売する。

 会場内には、アンプティーサッカー、ブラインドサッカー、電動車いすサッカーの障がい者サッカー体験ブースも設置される。問い合わせは実行委事務局FC六間で電話078(955)8944。公式Facebookもある。

神戸フットボール映画祭公式サイト

  • 2月19日に神戸市内の東亜ホールで神戸フットボール映画祭が開催される
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 神戸フットボール映画祭、2・19開催 INAC道上&齊藤のトークショーも予定