2017.1.14 09:52

レッドブルパワー? 18歳の逸材DFがザルツブルクからライプツィヒに移籍

レッドブルパワー? 18歳の逸材DFがザルツブルクからライプツィヒに移籍

レッドブルパワー? 18歳の逸材DFがザルツブルクからライプツィヒに移籍

レッドブルパワー? 18歳の逸材DFがザルツブルクからライプツィヒに移籍【拡大】

 13日、フランス人DFダヨ・ウパメカノが、オーストリアのザルツブルクから、ドイツのライプツィヒに移籍することになった。契約期間は2021年までの長期契約。

 現在18歳のウパメカノはマンチェスター・U、チェルシー、バルセロナ、Rマドリード、バイエルンなどが獲得を狙っていたとされるフランス期待のDF。15-16シーズンにザルツブルクがヴァランシエンヌの下部組織から引き抜き、今シーズンは18歳という年齢ながらここまでオーストリアリーグで15試合に出場し、ヨーロッパリーグでも4試合ピッチに立つなど、注目を集めていた。

 現在、ブンデスリーガ2位に付けているライプツィヒは、昨夏ギリシャ代表DFキリアコス・パパドプロスを獲得したものの、今シーズンはここまで負傷でリーグ戦の出場数は1と、本領を発揮できていない。その穴埋め役として、ウパメカノに白羽の矢が立ったようだ。

 一方で、ウパメカノの獲得を熱望していたイングランドやスペインのビッグクラブではなく、ライプツィヒが新天地になった大きな要因として、ライプツィヒとザルツブルクをスポンサードしているレッドブルブランドによる影響と見る向きも。巨額の資金を抱える企業による“グループ内移籍”と指摘する報道もある。

 過去にベルナルド、ナビ・ケイタ、ベンノ・シュミッツ(2016年夏)、ニルス・クアシュナー、マッシモ・ブルーノ、シュテファン・イルザンカー、ペテル・グラーチ(2015年夏)、マルセル・ザビッツァー(2014年夏)などがザルツブルクとライプツィヒのクラブ間で移籍した例があり、ウパメカノはそれに続く形となった。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. レッドブルパワー? 18歳の逸材DFがザルツブルクからライプツィヒに移籍