2017.1.13 16:39(1/3ページ)

中村俊輔の磐田移籍を後押しした名波監督の言葉とは…

中村俊輔の磐田移籍を後押しした名波監督の言葉とは…

俊輔の磐田移籍を後押しした名波監督の言葉とは…

俊輔の磐田移籍を後押しした名波監督の言葉とは…【拡大】

 ジュニアユース時代から足掛け15年間在籍した横浜F・マリノスを離れ、ジュビロ磐田に新天地を求めた38歳のファンタジスタ・中村俊輔。日本中を驚かせた移籍に踏み切った大ベテランが13日、磐田の新体制発表に出席し「このクラブがいい方向に行くように総合的に何ができるか。そこに気を配っていきたい」と強い意気込みを口にした。

 かつて日本代表でともにプレーした名波浩監督、服部年宏強化部長、名古屋グランパスから移籍した川又堅碁らとともに会見場に姿を現した中村はやや緊張した面持ちだった。

 「38という難しい年齢、決断でしたが、すごく魅力あるクラブですし、服部さん、名波さんが門を開けて待っていてくれたので、自分も挑戦してみようかなと決断いたしました。期待だったり、いろんなことは十分わかっているので、グランドで(結果を)示すことが一番。ジュビロのファンの方々に『あいつを取って間違いなかった』と思われるように、勝ち点を1つでも積み上げられるようにしたい」と新たな決意を口にした。

 中村俊輔にとって名波は日本代表エースナンバー10の大先輩。1998年フランスワールドカップ予選直前のオーストラリア合宿で代表初招集された際にも「名波さん、モト(山口素弘=日本サッカー協会技術委員)さん、ヒデ(中田英寿)さんの中盤の質の高さに度肝を抜かれた」と神妙な面持ちで語っていた。フィリップ・トルシエ監督時代に挑んだ2000年アジアカップ(レバノン)でも、名波が3-5-2の左ボランチ、俊輔が左アウトサイドという間柄でフル稼働。アジア制覇の原動力となったが「僕がサイドでストレスを感じる中、名波さんは監督の指示に関係なく、僕を中央に入れてポジションチェンジをさせてくれたりした。名波さんは周りのプレースタイル、メンタルまで見える人。そこで他の選手との差を出している」と尊敬の念を改めて口にしており、その指揮官に熱烈なオファーを受けたことが、古巣を離れる大きなきっかけになったと認めている。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 中村俊輔の磐田移籍を後押しした名波監督の言葉とは…