2017.1.12 14:05

中田英寿氏が提案する「日本酒セラー開発プロジェクト」、世界初の日本酒セラーの名称が決定

中田英寿氏が提案する「日本酒セラー開発プロジェクト」、世界初の日本酒セラーの名称が決定

『日本酒セラー開発プロジェクト』を発案した中田英寿氏(右から3番目)

『日本酒セラー開発プロジェクト』を発案した中田英寿氏(右から3番目)【拡大】

 日研トータルソーシングは11日、日本全国250カ所以上の酒造を訪問した、サッカー元日本代表MF中田英寿氏(39)発案による『日本酒セラー開発プロジェクト』で完成した、世界初の日本酒セラーの名称が「The Cellar “Sake Master”」に決まったと発表した。

 このプロジェクトは、中田氏が蔵元に、「ワインにワインセラーがあるように日本酒に日本酒セラーがつくれないだろうか」とアイデアを投げかけたことがきっかけで始まった。

 名称は中田氏、日本酒セラーのデザイン担当でデザインオフィスnendoの佐藤オオキ氏、日研トータルソーシングの清水浩二社長の3人による審査の結果、約1000通の中から決定した。

 中田氏は「日本酒を表わす“SAKE”と、その道のプロを表わす“Master”という単語を組み合わせて、プロだからこそ分かる、日本酒の最適な温度管理が詰まった日本酒セラーであることを表わしています」とコメントを寄せた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 中田英寿氏が提案する「日本酒セラー開発プロジェクト」、世界初の日本酒セラーの名称が決定