2017.1.11 20:37

コートジボワール代表デビューを果たしたザハ、イングランド代表辞退を後悔せず

コートジボワール代表デビューを果たしたザハ、イングランド代表辞退を後悔せず

コートジボワール代表デビューを果たしたザハ、イングランド代表辞退を後悔せず

コートジボワール代表デビューを果たしたザハ、イングランド代表辞退を後悔せず【拡大】

 イングランド代表でのプレー経験を持ちながら、コートジボワール代表への転身を発表していたウィルフリード・ザハが、8日に行われたコートジボワールvsスウェーデンの親善試合でピッチに登場。コートジボワール代表としてデビューを果たした。ザハはスウェーデン戦で後半開始直後からピッチに登場し、アシストを決め2-1の勝利に貢献している。

 ザハは現地メディアの取材に対し、コートジボワール代表への転身の経緯について、次のように述べている。

 「コートジボワールのアビシャンで生まれ、私はイングランドで4歳から育った。イングランド代表でもプレーしたけど、ここ4年間は自分の置かれている状況をよく考えて、コートジボワールのサッカー協会からの打診を検討することにしたんだ。そして、コートジボワール代表としてプレーすることにした」

 「コートジボワールは質の高い選手が多く、才能に満ち溢れているプレーヤーばかりだ。僕はナショナリズムを感じながらプレーすることに誇りを思っているし、これは正しい選択だった。イングランド代表を辞退したことは後悔していないよ」

 ザハは過去にイングランド代表でのプレー経験があるものの、昨年11月にコートジボワール代表としてプレーする意向(FIFAの規定はクリア)を示していた。その後、現イングランド代表監督のギャレス・サウスゲートは、U-21イングランド代表時代に指導していたザハに対してイングランド代表で留意するよう呼び掛けていたが、ザハは応じなかった。

 現地時間11日にはウガンダとの親善試合が控えており、ザハはこの試合でも出場が見込まれている。

 14日からはアフリカ・ネイションズカップ2017が開幕となるが、ザハは「アフリカ・ネイションズカップでコートジボワールに3度目のタイトルをもたらしたい。そして、2018年のロシア・ワールドカップにこの代表チームで出たい」と発言し、コートジボワール代表としての意気込みを示している。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. コートジボワール代表デビューを果たしたザハ、イングランド代表辞退を後悔せず