2016.12.18 22:11

鹿島・柴崎の左足がレアルを本気にさせた/クラブW杯

鹿島・柴崎の左足がレアルを本気にさせた/クラブW杯

前半、同点ゴールを決めた鹿島・柴崎=横浜国際総合競技場(撮影・吉澤良太)

前半、同点ゴールを決めた鹿島・柴崎=横浜国際総合競技場(撮影・吉澤良太)【拡大】

 クラブW杯決勝(18日、Rマドリード4-2鹿島、横浜国)J1覇者の鹿島(開催国枠)が欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)を苦しめた。世界を驚かせたのは鹿島のMF柴崎岳(23)。左足で2得点をマークした。

 初優勝を逃した。2得点を奪った柴崎は試合後、唇をかんだ。「勝てなかったのは悔しい。相手は延長でクオリティーを維持していた」と結果を受け入れた。

 柴崎は前半39分にゴール右に同点弾を左足で決めれば、後半7分には、Sラモスの中途半端なクリアボールを拾うと、バスケス、カルバハルのマークを振り切って左足でロングシュート。ボールはゴール左隅に突き刺さった。

 中盤でも冷静なパス回しを披露した。「いい大会にできたと思う。また優勝を狙えるようにがんばります」。世界のスター軍団との対戦で、柴崎が一回り大きくなった。

柴崎 岳(しばさき・がく)

1992年5月28日生まれ、23歳。青森・野辺地町出身。青森山田高2年時の2009年度全国高校選手権準優勝。11年に鹿島入り。同年4月の福岡戦でリーグ戦初出場、12年10月のFC東京戦で同初得点。同年2月にA代表に初選出。昨年9月のベネズエラ戦で国際Aマッチ初出場&初得点。J1今季28試合5得点、同通算140試合14得点。代表通算13試合3得点。1メートル75、64キロ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 鹿島・柴崎の左足がレアルを本気にさせた/クラブW杯