2016.12.1 12:00

コロンビア墜落事故、パイロット「完全に電気系統が切れた。燃料がない」

コロンビア墜落事故、パイロット「完全に電気系統が切れた。燃料がない」

29日、コロンビア・メデジン近郊のチャーター機墜落現場で救助活動する人たち(AP)

29日、コロンビア・メデジン近郊のチャーター機墜落現場で救助活動する人たち(AP)【拡大】

 【ロサンゼルス=中村将】南米コロンビアでブラジルのプロサッカーチームの選手らを乗せたチャーター機が墜落した事故で、複数のコロンビアのメディアは11月30日、パイロットが飛行中に燃料がなくなったことを管制官に伝えたとされる音声記録の内容を報じた。

 報道によると、パイロットは墜落前、「完全に電気系統が切れた。燃料がない」「燃料が緊急事態だ」などと緊急着陸の許可を求めたが、その後、通信が途絶えた。AP通信によると、事故後に救助された客室乗務員も救急隊員に「燃料切れ」と語ったという。燃料不足に陥った理由は不明。コロンビア航空当局は音声記録が本物かどうかには言及していない。

 事故ではブラジル1部リーグのチーム、シャペコエンセの選手と報道関係者、乗員ら71人が死亡し、6人が救助された。(産経新聞)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. コロンビア墜落事故、パイロット「完全に電気系統が切れた。燃料がない」