2016.12.1 17:04

強豪島根・立正大淞南高で監督体罰 全国高校サッカー選手権は辞退せず

強豪島根・立正大淞南高で監督体罰 全国高校サッカー選手権は辞退せず

 立正大淞南高校(松江市)は1日、サッカー部監督を務める男性教諭(46)が3年の男子部員(18)にたたいたり蹴ったりする体罰を加えたと明らかにした。同校は30日に開幕する全国高校サッカー選手権の島根県代表で、これまで14回出場し、2010年には4強入りした強豪。

 同校によると、教諭は11月30日午後3時ごろ、松江市内のグラウンドで練習中、部員が紅白戦で危険なプレーをしたとして数回、頬を平手でたたいたり、尻などを蹴ったりした。部員にけがはなかった。練習後に「部員に体罰をした。こんな時期に申し訳ない」と北村直樹校長に自ら報告。部員の保護者には30日、電話で謝罪した。

 同校は教諭の部活指導を当面禁止して、処分を検討するとともに、早ければ2日にも全国高等学校体育連盟に報告する。一方で「生徒のことを最優先に考えたい」として、現段階で選手権への出場は辞退しない方針。ただ、教諭が監督として指揮を執れない可能性があるという。

 サッカー部は部員121人で、教諭は1993年から監督をしている。北村校長は記者会見で「生徒のメンタル面をケアし、再発防止に努めたい」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 強豪島根・立正大淞南高で監督体罰 全国高校サッカー選手権は辞退せず