2016.12.1 16:14(1/2ページ)

ニューカッスル、リーグカップベスト4進出ならず…指揮官「残念で仕方ない」

ニューカッスル、リーグカップベスト4進出ならず…指揮官「残念で仕方ない」

ニューカッスル、リーグカップベスト4進出ならず…指揮官「残念で仕方ない」

ニューカッスル、リーグカップベスト4進出ならず…指揮官「残念で仕方ない」【拡大】

 今季は英2部チャンピオンシップを戦うニューカッスル・ユナイテッドは、ハル・シティと対戦したEFLカップの準々決勝でPK戦の末に敗れている。チームを率いるラファエル・ベニテス監督は、何度か訪れた決定機を逃し、勝利できなかったことを悔やんだ。

 現在チャンピオンシップで首位に立つニューカッスルは、ジョンジョ・シェルヴィー、ドワイト・ゲイル、ヨアン・グフランの3選手がPKを失敗し、PK戦のスコア1-3でアウェーのKCOMスタジアムでの勝利を逃す形となった。

 ハル・シティのホームに乗り込んだマグパイズは延長戦に突入した後の98分にモハメド・ディアメの得点でリードを奪ったが、直後にロバート・スノッドグラスに同点弾を決められてしまい、結局延長戦も含めた120分を1-1で終えることとなってしまった。

 ベニテス監督は、相手がディウメルチ・ムボカニの退場によって延長戦を10人で戦ったにもかかわらず敗れたこの敗戦を教訓に、選手たちには学んでほしいと考えている。

 「残念で仕方ないよ。我々は良いプレーを見せて前半にも延長戦でも決定機があった」。試合後のインタビューでベニテス監督は記者にこう話し、次のように続けた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ニューカッスル、リーグカップベスト4進出ならず…指揮官「残念で仕方ない」