2016.12.1 07:33

麻也のフィードを起点に先制点! サウサンプトンがアーセナルを下す

麻也のフィードを起点に先制点! サウサンプトンがアーセナルを下す

特集:
吉田麻也
麻也のフィードを起点に先制点! サウサンプトンがアーセナルを下す

麻也のフィードを起点に先制点! サウサンプトンがアーセナルを下す【拡大】

 EFLカップ5回戦が30日に行われ、アーセナルとサウサンプトンが対戦した。試合はアウェーのサウサンプトンが2-0で勝利し、準決勝進出を決めている。

 ホームのアーセナルはカップ戦ということで多くの主力を休ませて、この一戦に臨んだ。一方のサウサンプトンはリーグ戦でも活躍する選手たちを先発。カップ戦要員となっている日本代表DF吉田麻也はセンターバックで先発した。

 試合は開始13分で早くもスコアが動く。吉田から左サイドバックのライアン・バートランドへロングフィード。バートランドが低いクロスを上げると、こぼれ球をMFヨルディ・クラーシが右足で豪快に叩き込んだ。

 ホームで負けられないアーセナルは猛反撃。ボールを回しながら、何とかゴールに迫ろうとするが、サウサンプトンの堅守を前に枠内シュートを放つことはできず。逆に38分、サウサンプトンが高い位置で奪うと、左サイドをソフィアン・ブファルがドリブルで突破。クロスにバートランドがワントラップから左足を振り抜き、追加点を挙げた。

 結局前半はサウサンプトンが2点をリードして、終了する。

 後半に入るとペースはよりアーセナルに。アーロン・ラムジー、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、グラニト・ジャカといった主力組を中心に何とか中盤から押し込むが、決定機を作るまでには至らない。逆にサウサンプトンが少ないチャンスで効率よくゴール前に迫り、経験の少ないアーセナル守備陣を攻め立てる。

 1点を返したいアーセナルはなおも押し込み続ける。しかし、最後までゴールは生まれず、サウサンプトンが前半の2点を守り切り、準決勝進出を決めた。吉田はファウルも少なくなかったが、身体を張って、アーセナルの攻撃陣を押さえ込み、フル出場で勝利に貢献している。(Goal.com)

  • アーセナル戦の後半、攻め込むサウサンプトンの吉田(中央)=ロンドン(共同)
  • アーセナル戦の前半、先制ゴールを喜ぶサウサンプトンの吉田(右から2人目)ら=ロンドン(共同)
  • アーセナル戦の前半、前線をうかがうサウサンプトンの吉田=ロンドン(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 麻也のフィードを起点に先制点! サウサンプトンがアーセナルを下す