2016.12.1 12:19(1/5ページ)

ゲントナー「1部に戻ることだけを考えている」…シュツットガルト降格の実情

ゲントナー「1部に戻ることだけを考えている」…シュツットガルト降格の実情

特集:
浅野拓磨
細貝萌
ゲントナー「1部に戻ることだけを考えている」…シュツットガルト降格の実情

ゲントナー「1部に戻ることだけを考えている」…シュツットガルト降格の実情【拡大】

 ドイツ南部の古豪シュツットガルトが荒れている。1部に在籍した15-16シーズンは17位に終わり、2部リーグ降格が決定した。1年での1部リーグ昇格を目指し、ヨス・ルフカイを監督に据えたものの、第4節を終えた段階で辞任。その後新監督も決定し、10月9日にはクラブ会員総会が行われ、クラブの新CEO(最高経営責任者)が選出された。10年前にドイツの頂点に立ったシュツットガルトは再び王者に返り咲くことはできるのか。

 細貝萌と浅野拓磨が所属することで日本でも馴染みの深いシュツットガルト。地元出身であり、チームのキャプテンであるクリスティアン・ゲントナーが、チームの新体制について、ヨス・ルフカイの電撃退任、新監督のハネス・ヴォルフなど、進境著しい近年のチーム状況について『Goal』のインタビューで明かしてくれた。

新CEO(最高経営責任者)が決定

 --新CEOがヴォルフガング・ディートリッヒ氏に決まった。君はキャプテンとしてあらかじめCEO候補のディートリッヒ氏と会う機会はあった?

 いや、クラブのオフィスで顔を合わせたことはあったけど、きちんと挨拶する機会はなかったよ。

 --ディートリッヒ氏は、57%の支持率で当選した。票が割れていたということになるけど、残りの43%の人たちの意向も受け止めた上で一緒に進んでいく必要があるよね。一人のシュツットガルトファンとして、そしてチームの主将としてどうやって貢献していこうと考えているのかな?

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ゲントナー「1部に戻ることだけを考えている」…シュツットガルト降格の実情