2016.11.30 13:20

シャペコエンセの悲劇を受けてJFA田嶋幸三会長も追悼の意を表明

シャペコエンセの悲劇を受けてJFA田嶋幸三会長も追悼の意を表明

シャペコエンセの悲劇を受けてJFA田嶋幸三会長も追悼の意を表明

シャペコエンセの悲劇を受けてJFA田嶋幸三会長も追悼の意を表明【拡大】

 28日に起こったシャペコエンセのチーム関係者含む81名を乗せたチャーター機が、コパスダメリカーナ決勝に向かう際に墜落。元Jリーグ経験者を含む多数の犠牲者が出たことを受けて、日本サッカー協会(JFA)会長の田嶋幸三がお悔やみの言葉を、JFAの公式HPにて表明している。

 「この度の飛行機事故により多くの方々が犠牲になられたということを知り大変に驚き、またとても残念に思っております。亡くなられた皆様には心より哀悼の意を表し、またご家族やご友人の方々には心よりのお悔やみを申し上げます。 今後の救助活動によって1人でも多くの方の命が救われることをお祈り致します」

 なお、今回シャペコエンセが決勝に挑む直前だったコパ・スダメリカーナの優勝チームは、2017年のスルガ銀行チャンピオンシップで来日する予定となっていた。その点にもついて触れ「ご存知のようにコパ・スダメリカーナの勝者は来年のスルガ銀行チャンピオンシップで日本のJリーグYBCルヴァンカップ優勝チームとの対戦が予定されています。このように日本サッカー界とも関係の深い大会への参加クラブが遭われた事故ということで非常に残念でなりません。改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます」と続けている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. シャペコエンセの悲劇を受けてJFA田嶋幸三会長も追悼の意を表明