2016.11.30 05:02

鹿島、ホームで痛恨敗戦…次戦は2-0で6・11再現だ!

鹿島、ホームで痛恨敗戦…次戦は2-0で6・11再現だ!

微妙なPKの判定に抗議する鹿島の小笠原(中央奥)ら選手たち。苦境に立たされた

微妙なPKの判定に抗議する鹿島の小笠原(中央奥)ら選手たち。苦境に立たされた【拡大】

 明治安田チャンピオンシップ決勝第1戦(29日、鹿島0-1浦和、カシマ)ホームで0-1の敗戦。選手たちは肩を落としながらも、必死に前を見つめサポーター席にあいさつした。

 「こういう(接戦の)試合は予想していた。判定は変わらないけど、いい守備はできた」。GK曽ケ端が熱戦を振り返った。前半、鹿島のシュートは0本。浦和も2本と互角の展開で後半へと折り返した。

 ハーフタイムには「後半も集中しろ」とDF昌子がハッパをかけたが、6分、FW土居のパスにMF遠藤がフリーで抜け出すも、GKの好守で得点できず。逆に微妙な判定でPKを取られ、12分に先制を許した。不用意に興梠にぶつかり、PKを献上したDF西は「足も掛かっていないし、手も出していない」と納得できない様子だったが、チームはこの判定を受け入れた。

 「やられたところ以外は完璧だった。第1ステージもアウェーで勝っているし、2-0なら勝てる」と昌子。鹿島が6月11日の勝利(◯2-0)の再現を狙う。 (一色伸裕)

★ハリル監督視察もミス多く渋い顔

 視察に訪れた日本代表のハリルホジッチ監督は「両チームとも緊張していたのか、決定機が少なく、パスミスも多かった」と渋い顔。試合を決めたPKの判定に関しても「私もPKには悪い思い出がある。W杯予選でもファウルを取ってもらえなかった。あまりコメントしたくない」と苦笑いを浮かべた。試合後の交通渋滞を予想して早めに会場を後にした。

試合結果へ試合日程へ

  • 前半、パスを出す鹿島・小笠原(右)=カシマサッカースタジアム(撮影・中井誠)
  • 前半、攻め込む鹿島・金崎。右は浦和・柏木=カシマスタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、競り合う鹿島・土居(左)と浦和・遠藤=カシマ
  • 前半、競り合う鹿島・土居、浦和・槙野=カシマスタジアム(撮影・蔵賢斗)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 鹿島、ホームで痛恨敗戦…次戦は2-0で6・11再現だ!