2016.11.30 05:00

【小島伸幸の好セーブ】GK心理読んだ浦和・阿部お見事

【小島伸幸の好セーブ】

GK心理読んだ浦和・阿部お見事

 明治安田チャンピオンシップ決勝第1戦(29日、鹿島0-1浦和、カシマ)試合を決めた後半12分のPKの場面。浦和MF阿部が真ん中に放ったシュートは、意図的に速度を殺していた。右に跳んだGK曽ケ端は重心が移動してしまい、手を伸ばしても届かない体勢だった。速いシュートであれば、まだ重心は中央に残っているので届いたかもしれない。

 私の経験上、PK戦であれば「5本に1本は真ん中にけってくる」とGKは読む。しかし、試合の流れの中のPKで、真ん中で動かず構える度胸はない。その辺の心理も読んだとすれば、阿部は見事というしかない。

 アウェーゴールを奪った浦和が数字上は有利だが、そうともかぎらない。第2戦で浦和は「0-1で負けてもいいし、引き分けでもいい」という心理が働く。鹿島は「2点取って勝つしかない」と割り切れる。浦和としては、攻めに出てくる鹿島を前半のうちにカウンターで仕留めたい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【小島伸幸の好セーブ】GK心理読んだ浦和・阿部お見事