2016.11.29 20:24

ミラン名物会長が皮肉「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう」

ミラン名物会長が皮肉「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう」

ミラン名物会長が皮肉「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう」

ミラン名物会長が皮肉「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう」【拡大】

 ACミランの現オーナーであるシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が28日、イタリア国営放送の番組『Cartabianca』でACミラン売却の状況について報告した。

 20日に行われたミラノダービー(2-2)を観戦に訪れた際、ベルルスコーニ会長は「これが会長として最後のダービーになるか?」との問いに「そうは思わない」と返答。

 このため、ACミラン売却が暗礁に上がる可能性や、中国資本へ売却後も名誉会長として残留するのではないかとの憶測が広がっていた。

 今回のテレビ出演ではACミランの売却手続きについて、自ら口を開いた。

 「ACミランは既に売却済みだが、問題になっているのは、買い手が中国国外へ資金を持ち出す際に中国当局の許可が必要になる点だ。手続き完了が予定されている12月13日までに許可が間に合わなければ、1ヵ月、1ヵ月半ほど時期を遅らせることになる。資金自体は存在すると信じているので問題ない」

 難しい手続きが存在することを認めながらも、中国資本への売却手続きは進んでいることを強調した。

 一方、歴代ACミラン監督に対してベルルスコーニ会長が度々行ってきた「助言」がチームの足かせになっていると考えるサポーターや、ACミランの主将、リッカルド・モントリーヴォの負傷離脱が今シーズンのACミラン好調の要因だとする者もいる。

 「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう。13日以降は私がACミランからいなくなるし、ケガのモントリーヴォも復帰までにまだ数か月を要するから…そうなればACミランは何でも勝てるんだろう?」

 ACミランのアンチサポーターへ向けて、皮肉を込めたメッセージを送った。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ミラン名物会長が皮肉「私とモントリーヴォのアンチはじきに喜ぶだろう」