2016.11.29 22:37

初の決勝逃したヤングなでしこ…高倉監督「迫力やパワー不足を感じた」

初の決勝逃したヤングなでしこ…高倉監督「迫力やパワー不足を感じた」

フランス戦の延長前半、2点目のゴールを決められるGK平尾(右端)=ポートモレスビー(ゲッティ=共同)

フランス戦の延長前半、2点目のゴールを決められるGK平尾(右端)=ポートモレスビー(ゲッティ=共同)【拡大】

 サッカーのU-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)パプアニューギニア大会は29日、ポートモレスビーで準決勝が行われ、日本は延長の末にフランスに1-2で敗れ、初の決勝進出はならなかった。12月3日の3位決定戦で米国と対戦する。

 2大会ぶり5度目出場の日本は前後半を通じてフランスと互角に渡り合ったが、延長前半に2失点した。同後半に籾木(日テレ)がPKで1点を返したものの及ばなかった。

 もう1試合は北朝鮮が延長で米国を2-1で下した。

高倉麻子・U-20女子日本代表監督の話「ゴール前に入っていく迫力やパワー不足を感じた。全ての面で一つ二つ(レベルを)上げていかないといけない。ここから立て直して、必ず3位になって帰りたい」

杉田の話「試合の入り方は良かった。何本もチャンスはあったのに、決め切れずに流れを持ってこられなかった」

試合結果へ

  • フランス選手と競り合う乗松(右)=ポートモレスビー(ゲッティ=共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 初の決勝逃したヤングなでしこ…高倉監督「迫力やパワー不足を感じた」