2016.10.20 08:22

グアルディオラ監督、ブラーボの退場に「あれで試合は終わった」/欧州CL

グアルディオラ監督、ブラーボの退場に「あれで試合は終わった」/欧州CL

グアルディオラ、ブラーボの退場を悔やむ

グアルディオラ、ブラーボの退場を悔やむ【拡大】

 マンチェスターCは19日、チャンピオンズリーグ(CL)・第3節でバルセロナと対戦した。試合はFWリオネル・メッシのハットトリックでホームのバルセロナが勝利している。マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はGKクラウディオ・ブラーボの退場が結果に大きく響いたと考えている。『BTスポーツ』が伝えた。

 序盤から互角の戦いが繰り広げられた“ペップ・ダービー”。16分、メッシのゴールでバルセロナが先制した後も均衡は保たれていたが、53分にブラーボがハンドで一発退場となると、試合は一気にバルセロナペースへと傾いた。グアルディオラは数的不利で戦ったことを悔やんだ。

 「バルセロナのようなとてつもないクオリティを持つチームを相手に10人でプレーすれば、試合は難しくなる。我々は得点するチャンスを作っていたが、退場者が出た後、試合は終わってしまったんだ。もちろんブラーボはとても失望していた。彼はプロフェッショナルだからね。しかし、これも試合の一部だ」

 さらに試合内容について「プレスをかけ、ボールも支配した時間もあったし、チャンスを作った。しかし、それを生かせなかったんだ。勝つためにはチャンスを生かす必要がある」と決定力不足を嘆いた。

 バルセロナ戦の敗北で4試合勝利から遠ざかったマンチェスター・C。グアルディオラは「今は次に向けて回復し、(23日に行われる)サウサンプトン戦に備える」と話し、先を見据えた。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. グアルディオラ監督、ブラーボの退場に「あれで試合は終わった」/欧州CL