2016.10.19 20:11(1/2ページ)

ピケ、代表引退決意を改めて説明「おそらく最善の決断だと思う」

ピケ、代表引退決意を改めて説明「おそらく最善の決断だと思う」

ピケ、代表引退決意を改めて説明「おそらく最善の決断だと思う」

ピケ、代表引退決意を改めて説明「おそらく最善の決断だと思う」【拡大】

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケは、改めて代表引退の決意に及んだ経緯を説明している。

 ピケは今月9日に行われた2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選アルバニア戦で、代表を象徴する黄色と赤のカラーをユニフォームから意図的に排除したのではないかと疑いをかけられた。結局着用した長袖のユニフォームに同色のカラーがなかったことからピケの潔白は証明されたが、この騒動後同選手はロシアW杯後に代表から引退する意思を表明した。

 ピケの行為が物議を醸した際、『マルカ』や『アス』などマドリッド系のスペインメディアはバルセロナDFに対して批判的な論調を展開していた。Rマドリードのフロレンティーノ・ペレス会長と密接につながる関係者もいるなか、ピケはそれらの言動が自身に影響を及ぼしたわけではないとチャンピオンズリーグのマンチェスターC戦前日会見で話している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ピケ、代表引退決意を改めて説明「おそらく最善の決断だと思う」