2016.10.19 12:41(1/5ページ)

大迫勇也はなぜ今シーズン「開花」したのか? 本人に聞いた飛躍の理由は…

大迫勇也はなぜ今シーズン「開花」したのか? 本人に聞いた飛躍の理由は…

特集:
大迫勇也
大迫勇也はなぜ今シーズン「開花」したのか? 本人に聞いた飛躍の理由は…

大迫勇也はなぜ今シーズン「開花」したのか? 本人に聞いた飛躍の理由は…【拡大】

 第6節バイエルン戦で見せた大迫勇也のパフォーマンスは驚きだった。それは、71分にオフサイドで取り消されたとはいえ、絶妙なタイミングで裏に抜け出しゴールネットを揺らしたからではない。マッツ・フンメルス、ハビ・マルティネスという世界的なCBを背負っては何度もボールを収め、ケルンの攻撃を引き出していたからだ。

 この日大迫がパスを受けた回数は29回なのに対し、第2節で対戦したシャルケのフンテラールが11回、第4節で対戦したヘルタのイブセビッチで18回。大迫は2トップで後者2人は1トップという違いはあるが、いかに大迫がボールを引き出していたかが分かる。欧州CLで5年連続ベスト4進出を果たしているバイエルンの守備陣を相手にここまでボールを収められるFWはブンデスリーガでもほとんどいないだろう。

 ただ、この日本人ストライカーはバイエルン戦のパフォーマンスを淡々と振り返った。

 「まあ、2トップでやれればやれる自信はありますからね。キープはできますけど、そこからもっと前に、相手に怖さを与えていかないと」

 王者相手にボールを収めるだけでは満足しない。大迫が見据えているのはもっと先だった。

 その自信も十分に頷けるほど今季の大迫は好調だ。ベンチスタートとなった開幕戦以降は2トップとして先発に定着しており、コンビを組むアントニー・モデストと並んでチームに欠かせない存在になっている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 大迫勇也はなぜ今シーズン「開花」したのか? 本人に聞いた飛躍の理由は…