2016.10.18 16:35(1/2ページ)

ユベントスを牽引するFWディバラ…契約延長は既定路線

ユベントスを牽引するFWディバラ…契約延長は既定路線

ユベントスを牽引するディバラ…契約延長は既定路線

ユベントスを牽引するディバラ…契約延長は既定路線【拡大】

 15日に行われたユベントス対ウディネーゼの試合で、ドッピエッタ(2得点)を記録したユベントスFWパウロ・ディバラ。パレルモ時代も含めるとウディネーゼ相手にこれで6試合で5得点4アシストとなった。ユーヴェにとっては苦しい戦いとなったが、決勝ゴールを含め2 得点をあげたアルゼンチン人FWの重要性がますます明らかとなった。”欧州レベル”との表現は、もはやディバラには過小評価かもしれない。

 ディバラはもはや「サプライズ」ではない。得点のなかった開幕直後も、パフォーマンス自体は良かった。一言で言えば、必要不可欠な選手だ。ユベントスでの最初のシーズンから並外れていた。93年生まれであり、これからの伸びしろも期待できる。まだまだ若手ではあるが、ディバラはベテラン並みの数字を叩きだしている。

 さらに、ディバラのように従順で献身的な選手は数少ない。彼の力があれば、ユベントスは新たな戦術を検討することも可能になるだろう。3-5-2で最高のパフォーマンスを見せることは承知だ。3トップにしても、成熟させていく必要はあるが非常に面白いだろう。

 ツートップの後ろに置いても、特定の相手に限れば有利な武器となりえる。類いまれな才能でユベントスのスターとなった。だが、完全な開花を見極めるには、チャンピオンズリーグを待つことになる。ユベントスはリヨン戦を重要な転機にしたいと考えており、ディバラはその舞台での活躍を求められることになる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ユベントスを牽引するFWディバラ…契約延長は既定路線