2016.9.22 14:20

途中出場の武藤、劇的逆転勝ちに「決勝点は自分が取りたかった」

途中出場の武藤、劇的逆転勝ちに「決勝点は自分が取りたかった」

特集:
武藤嘉紀
ブレーメン戦の後半、相手ゴール前で競り合うマインツの武藤(左)=ブレーメン(共同)

ブレーメン戦の後半、相手ゴール前で競り合うマインツの武藤(左)=ブレーメン(共同)【拡大】

 ブンデスリーガ第4節(21日、ブレーメン1-2マインツ、ブレーメン)マインツは劇的な逆転勝ちを収めた。0-1の終盤に武藤を投入し、ワントップから2トップに布陣を変更。攻撃の意識を高めてブレーメンに重圧をかけ、後半42分とロスタイムのゴールで試合をひっくり返した。

 武藤は「自分が入ってから2点取れたという意味では悪くなかった。欲を言えば、決勝点は自分自身が取りたかった」と意欲的に話した。(共同)

試合結果へ

  • ブレーメン戦の後半、競り合うマインツの武藤(右)=ブレーメン(共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 途中出場の武藤、劇的逆転勝ちに「決勝点は自分が取りたかった」