2016.1.27 05:03(4/4ページ)

【担当記者が見た手倉森監督】手倉森監督、競馬で全財産1200万円する…鹿島クビで自棄、高かった授業料

【担当記者が見た手倉森監督】

手倉森監督、競馬で全財産1200万円する…鹿島クビで自棄、高かった授業料

勝利の瞬間、関係者と抱き合うU23日本代表・手倉森監督=ドーハ(撮影・桐山弘太)

勝利の瞬間、関係者と抱き合うU23日本代表・手倉森監督=ドーハ(撮影・桐山弘太)【拡大】

★伊藤昇 鹿島クビ…競馬で全財産1200万円使った

 手倉森監督は一度だけサッカー界から身を引こうとしたことがある。選手時代の1992年、プロ化1年目の鹿島をクビになった時だ。「故郷の青森で居酒屋でもやろうか」。やけになって足を運んだのが競馬場。1200万円あった全財産の半分を1日で使い切り、翌日に負けた分を取り戻そうと残りの600万円で購入した1点買いも外し、無一文になった。

 「俺は何をやっているんだ。もう死ぬしかないか」。そんな時、NEC山形(現J2山形)から声がかかった。「サッカーでもう一度頑張ろうと決心した」。酒はやめられなかったが、ギャンブルはきっぱりと断った。

 仙台を率いてJ2から5年でACLに導き、14年に五輪代表監督に。「人生、何があるか分からない。だから楽しい」。根っからの楽天家は、高額な“授業料”も無駄とは思っていないだろう。 (前U-23日本代表担当)

(紙面から)

  • 前半、先制ゴールを決めた久保と抱き合う手倉森監督(奥)=ドーハ(共同)
  • 前半、先制のゴールを決めた久保(手前)と抱き合う手倉森監督=ドーハ(共同)
  • リオ五輪出場を決め喜ぶ手倉森監督(左)とU-23日本代表GK櫛引=ドーハ(共同)
  • リオ五輪出場を決め笑顔の手倉森監督(左端)と感極まる室屋(12)=ドーハ(共同)
  • 前半、ゴールを決めた久保(右)をねぎらう手倉森監督=ドーハのアブドゥラ・ビン・ハリファ・スタジアム(撮影・桐山弘太)
  • 前半、選手に指示を出す手倉森監督=ドーハのアブドゥラ・ビン・ハリファ・スタジアム(撮影・桐山弘太)